群馬四万温泉・元禄七年開業の歴史あるお宿「積善館」へ

元禄七年開業の歴史ある群馬の四万温泉 積善館へ行ってきました。
本館・山荘・佳松亭の3棟からなる積善館。
四万川に架けられた赤い橋から眺める本館は
「千と千尋の神隠し」のモデルの一つではと言われています。
浴衣の貸し出しもあり早速浴衣を着てお出かけしました。

 

こういった日本を感じれられるおもてなしは嬉しいですね♪(帯も簡単にとめれるものでした)

 

 

こちらが本館。日本最古の木造湯宿建築です。

 

 

チェックインは佳松亭で。

佳松亭は3棟の中で一番新しく和モダンな雰囲気。

 

 

露天風呂や夕食は佳松亭でいただきました^^

 

3棟はエレベートと通路で繋がっていてまるで迷路。

来た道を覚えていないと迷子になってしまいます。

 

 

16時から館内巡りツアーもやっていたので積善館の歴史を知りたい方は
是非参加してみてくださいね♪

 

 

今回のお部屋は国の登録文化財・群馬県近代化遺産指定の山荘です。

 

とても歴史を感じる建物ですが、お部屋はとっても綺麗!

10月ですがおこたつが用意されていました♪

(10月の四万はもうすでに寒い日も多いそう)

お部屋は和モダンタイプ。

 

 

 

ソファもあってゆっくりと過ごせました♪

山荘から本館へ続くトンネルはなんとも味があります。
このトンネルも千と千尋の神隠しのモデルになったと言われています。

 

 

 

佳松亭には露天風呂や貸切風呂もあります。
趣のある道を抜けると貸切風呂が見えてきます。

 

こちらの貸切風呂は

 

天然温泉名湯四万の湯を存分に楽しめる贅沢な空間。

四万の湯は硫黄の臭いも強くなく
さらっとしたお湯でじんわり体の中から温まりました♪
夕ご飯や四万についてはまた次回ご紹介します^^

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。