【第三回】フリーランスに向いている人ってどんな人?

フリーランスになるためのブログ連載第三回です。

今回は「フリーランスに向いている人ってどんな人?」

というテーマでお送りします。

 

 

 

フリーランス=自由なライフスタイルとイメージされる方が多いのではないでしょうか。

もちろん自由なライフスタイルは叶います。

例えば朝出勤もないので何時に起きても大丈夫です。

だからと言って自分の気が赴くままに生活していたらそれはプー太郎です。笑

 

ではどんな人がフリーランスに

向いているのでしょうか。

 

私が思うフリーランスに向いている人、それは

「自己管理ができる人」

 

これに尽きると思います。

 

自己管理って?と思う方も多いと思います。

 

先ほどお伝えした

朝決まった時間に起きれる

といった基本的な事はもちろん

 

・納期を守れる

・言われる前に相手の望んでいる事を提供する

そういった社会人として当然のことが出来る人の事を指しています♡

 

そんな基本的な事!?と思われるかもしれないのですが

フリーになったら出来なくなってしまう人って意外と多いんです(・・本当に)

 

学校や会社があるから朝出勤するし当たり前に仕事もしますが、

「やってね!」と言われる環境が急になくなると

どうしていいかわからない、出来なくなるという方が本当に多い事にビックリしました。

 

まずは社会人として当たり前の事ですが

”自分に対して自己管理出来る人”は

フリーランスに向いていると思います♪

 

フリーランスに向いている人の特徴2つ目は

個性がある事です。

 

日本の会社ではまだまだ個性がある事はネガティヴに捉えられる事が多く、

協調性を持ってみんなで作り上げる事が良しとされている風潮があるように感じます。

 

ただフリーランスは個性が最大のウリです♡

 

何か才能がなきゃいけないわけではないです。

当たり前のことを当たり前にしながら

人とは違う何か個性を出して全面に出す事

フリーランスとしての成功への近道です♪

誰と同じである必要は全くないんです。

むしろ同じだったら違う人に頼めばいいんですから。
人とは違う、「人より少し出来るかも?」「これって得意かも」

という何かを強く全面に出していくといいと思います♡

 

 

私の場合ですと、女性向けの可愛いデザインは

得意なのですが一般的な企業向け、男性向けのデザインは絶望的に出来ません。。

(何度かお仕事をいただいた事もあったのですが、

惨敗でクライアントの方に申し訳ないことをしてしまったのでもうお受けしないようにしています)

女性向けのデザインだとアイディアもどんどんでてくるし、スラスラと出来ちゃう!

不思議ですが全く“苦”なく出来てしまうんです。

 

なので女性向けのデザインに絞ってお仕事をし始めた所、

皆さんの目に留めてもらえるようになりました。

 

自分にしか出来ない強み(個性)を見つけている人。

これがフリーランスになり長く活躍している人の特徴です。

 

ヒントとしては何度もお伝えしていますが

どんな分野でもいいから「好きな事」がいいと思います。

それは好きな事だと、どんな辛い事があっても気持ちの軸がブレないから♡

「当たり前の事を当たり前」にして「個性を出す」

 

フリーランスに向いている人って意外とシンプルなんですよね♪

 

Miki Instagramはこちら ♡♡♡

 



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。