なりたい自分を諦めない。~私の東京上京物語~

何かを始めたい時。
周りにどう思われるか怖い。
いつかやったみたいけど、一歩踏み出す勇気がない。

何か新たに始めてみたい事があるけど
勇気が出ない、そんな方に読んでいただきたい本日のブログです。

なりたい自分を諦めない。~私の東京上京物語~

もうすぐ桜の季節ですね。
帰省していた福岡では少しずつ桜が咲き始めていました。

ふと思い出した10年前の記憶。
そう、10年前の桜の季節。

私は福岡の街を飛び出しました。

就職で上京したわけでも、東京に彼氏がいたわけでもありません。

自分の環境を変えたい。
ただそれだけの理由で思い立って東京に行くことにしたのです。

「いつかキラキラした東京の街に住みたい」

福岡の中でも田んぼいっぱいの田舎の街で育った私は、
学生の頃から雑誌やテレビの中で見る東京に憧れを持っていました。

高校を卒業して社会人になってからも
たまに姉の住む東京に遊びに行くことはありましたが、住むとなれば話は別。

勇気がなくて
東京に行く決心はなかなかつきませんでした。

「一歩踏み出すのが怖い。」

「環境を変えたいけど変えたくない。」

「東京には友達いないし、友達と離れたくない。」

「でも東京に住んでみたい。」

そのループを永遠に巡っていた気がします。

そんな中、一人でドライブをしている時に
学生の頃によく聴いていた浜崎あゆみの「Fly high」の曲が流れてきて、鳥肌が立ったのです。

怖がって踏み出せずにいる一歩が
重なっていつからか長く長い
道になって手遅れになったりして

そのうちに何となく今の場所も
悪くないかもなんて思いだして

何とか自分に理由つけたりした

離れられずにいたよ ずっと
見慣れてる景色があったから

全てはきっとこの手にある
動かなきゃ動かせないけど

全てはきっとこの手にある
始めなきゃ始まらないから

聴いた瞬間なんだかビビッときて
今動かないときっと後悔する!!

単純ですがそう思い、私は東京に行くことを一瞬で決めました。
何でか分からないのですが今行かないといけない気がしたのです。

まずは決めること

決めたらおのずとしなければいけない事は明確になっていくものです。
家、仕事など決めなきゃいけない事が分かってきます。

第一ステップの「決める」という事がとてもシンプルなのですが
とても難しい事のような気がします。

姉は東京に住んでいたので転がり込む事にして住むところは確保しました。

住む場所があれば福岡から持っていくものはやる気だけ!笑

上京当日、お金もなく財布に入っていたのは5000円ぽっちでした。笑

仕事も決まってないけど何とかなるだろう!
とスーツケース1個で意気揚々と東京へと向かったのです。

今思えばかなり無謀で無計画な行動でしたが、
ワクワクした気持ちが大きすぎて、全く気に留めていませんでした。

桜が満開に咲いた東京の街。

今日からここに住むんだ!!

東京タワーに登りおもちゃの世界のような
街を見下ろしながら

「今はこの街に私の居場所はないけど、
いつか私だけの居場所を見つけよう!」

そう心に決めました。

あれから10年。

色んな事がありましたが今では東京でフリーで仕事をして、結婚をして。
あの時描いていた大成功!なライフスタイルとは違うかもしれませんが(笑)
自分だけの小さな居場所を見つける事が出来ました。

一歩を踏み出す小さな勇気。

あの時の私が勇気を持って踏み出してくれたおかげで今の私がここにいます。

何を始めるにも必要なのは「一歩を踏み出す小さな勇気」だと思います。

一歩踏み出してしまえば、二歩三歩と意識しなくても無意識に進むことが出来ます。

「やらない後悔よりやって後悔」

これは私の人生のモットーです。
あの時こうしとけばよかった。と後悔するくらいなら絶対に今した方がいいと思っています。

例えその道が失敗してしまっても
自分で「選択」した事ならば
「経験値」となり、次のステップで生かせるはず

「周りにどう思われるか心配・・」と思って動け出せずにいる方。

大丈夫です。人は思ったほどあなたの事を見ていないません。

人の目を気にして自分のやりたい事を諦めるなんてもったいないと思います。

自分の心がどうしたいか

自分の気持ちを一番大切にしましょう。

あなたの人生はあなたのものなのだから。

なりたい自分を諦めない。

なりたい自分になる努力をする。

人生は選択の繰り返しで築き上げられていきます。
10年後にはどんな自分になりたいですか?

春の季節は何かを始めるいいタイミング。
今から10年後のなりたい姿に向けて、動き出しましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。