Webデザイナー目線のInstagramマーケティング その1

今Webデザイナーとしてのお仕事の他に
複数の企業様のInstagramの撮影・アカウント運用をさせていただいています。

伸びるアカウントには理由があります。

そして停滞しているアカウントにも理由があります。

今のInstagramの「流れ」をもとに、本日のフリーランスブログのテーマは
どうやってアカウントを成長させる?という疑問にお答えしていこうと思います♪

Webデザイナー目線のInstagramマーケティング

SNSは人の行動心理がよく出ていて、研究していくと面白い発見が沢山あります。

ただ更新するのではなく、「ポイントを意識する」ことで
アカウントはぐんぐんと成長していきます。

という事で、第一回目のInstagramマーケティングポイントはこちら!

保存数を意識する

Instagramマーケティングというと「いいね!」の数が最も重要視されがちですが、
実はInstagram側はいいね!に消極的な反応を示していて
今年の4月には今後いいね!が表示されなくなり、自分にしかいいね数は表示されなくなるかも!?
なんて記事も出ていたりしていました。

今でもいいね!の数はエンゲージメントに大きく影響する項目ではありますが、
今私が大注目しているのが「保存数」です。

Instagramにはリボンの帯マークがあり気になった投稿は「保存」をすることが出来て
保存した写真は、「カフェ」や「旅行」などテーマごとに分けて次の行きたい場所の計画に活用することができます。

複数の企業のInstagramのアカウント運用をしていく中で
「保存数」が多い投稿は人気投稿に上がりやすいという事に気付いたのです。

例えば「ニューヨークカフェ」と検索した時に
トップに出てくるのが人気投稿です。

人気投稿は「いいね」「コメント」「保存数」など複数の項目を元に
時間ごとにランダムに表示されますが、
検索されて一番に目に付く場所なのでさらにいいねがついて、
エンゲージが上がり
今度は虫メガネマークを押した時に表示される「オススメ投稿」に表示されるようになり、
さらにうなぎのぼりにいいねがついていきます。

これがまさに

バズる投稿

というやつでしょう。

何もしていないのに投稿にどんどんいいねがつき、保存数が増えていく。

こういう時は「ハッシュタグ検索の人気投稿」「オススメ投稿」に掲載されていることが多いです。

ポイントはやはり「保存数」なんです。

アップしてすぐに保存数が多い投稿は「ハッシュタグ検索の人気投稿」や「オススメ投稿」に
掲載される確率がかなり高いです。

いいね!の数よりユーザーに有益な情報が大切にされる

「ユーザーに有益な情報が大切にされる」という点はホームページを作る上で大切にされるSEOと同じです。

ユーザー想いの投稿は保存が多くされ、いいコンテンツとして
ピックアップされやすくなるのです。

それではどうしたら保存数が高い投稿を作れるのでしょうか。

答えは簡単です。

自分が知りたいなと思う投稿にすればいいのです。

例えば、私がカフェに行きたいなと思っていたら知りたいのは
・その場所がどこにあるのか
・どんなメニューがあるのか
・価格はどれくらいなのか
といったことです。

ポイントの1つ目は

自分が知りたいと思う情報を記載してあげること

カフェの投稿だったら
カフェの場所や営業時間やオススメメニューなど。

旅行の投稿だったら
その場所への行き方の交通機関や撮影にオススメの時間など。

コスメの投稿だったら
感想はもちろんコスメの情報や値段、
どこで買えるかなども記載してあげるとより親切ですね。

見ている方に向けて丁寧にわかりやすく発信をしてあげると
保存数はどんどんアップします。

そして2つめのポイントは

複数枚投稿にする

1枚より2~3枚写真がある方が
ユーザーさんはその場所についてわかりやすくイメージが出来ます。

カフェの投稿であれば
1枚目はオシャレな外観、2枚目はお店の内観、3枚目はコーヒー写真など
複数写真でその場所をよりイメージすることが出来れば
「このお店に行ってみたいな」→「保存しておこう」
という行動になります。

【2枚を1投稿にまとめた方がどんなお店なのかイメージがつきやすい】

行きたい、やってみたい、試してみたい

→こういう投稿は保存につながります。

「自分だったらどんな投稿を保存するかな?」
この考えを元に投稿の内容を考えるとユーザーにとって有益なコンテンツとして
アカウントのフォロワーもぐんぐんと伸びていきます♡

逆に保存数が多い投稿を

「何でこの投稿はよかったんだろう?」

と検証する事で、フォロワーさんが何を求めているのかがよく見えてきます。

マーケティング面白いですね〜。

少し意識するポイントを変えるだけで結果は大きく変わります♪

この他にも色々と意識するポイントは色々とあるのでまた更新します!

本日のInstagramマーケティングは「保存数を意識する」でした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。