カラフルな傘祭り・リスボンから アゲダへの行き方

7月から9月まで開催されているポルトガル・アゲダの傘祭り。
「リスボン」から行く方法と「ポルト」から行く方法がありますが、
今回はリスボンからアゲダに行く手順をご紹介します♪

リスボンからアゲダはどれくらい離れている?

リスボンからアゲダの街へは電車で3時間半ほど。
移動時は長いですが、リスボンから日帰り旅行も可能です♪

Google Mapで出てきたルートを元にチケットを取ることにしました。
今回アゲダに行くかギリギリまで迷っていたため、チケットを取ったのは前日です。
朝7時にリスボンを出て10時半に到着するルートです。

CPのアプリをダウンロードしよう

ポルトガルの列車の移動はCP(Comboios de Portugal)で取りましょう。
webサイトからも予約できますが、途中でうまく出来なくなってしまったので
アプリからの予約がオススメです。

CPアプリはこちら

アプリの使い方はとても簡単です。
まず登録をしてFromに「Lisboa Santa Apolonia」Toに「Aveiro」といれれればOK。

目的地を入れると時間の候補が出るので希望の時間をチョイスして
支払いをすれば完了です。料金は片道€27ほどでした。(カード決済可能)

 

 

登録したメールアドレスにチケットが届くのでスクショしておきましょう。
(パスポートも持ってきてねと注意書きがあったので
実際にはパスポートの提示は求められませんでしたが、パスポートも持っていきましょう。)

Lisboa Santa Apolonia駅

朝6時。リスボンのホテルからLisboa Santa Apolonia駅までUBERを使って到着です。

駅には改札などはなく、直接列車に乗り込むスタイルです。
(列車の中で駅員さんがチケット確認にきます。)

列車の横にカフェもあったので、朝ごはんを買っていきました。
ポルトガル名物のエッグタルトもお忘れなく♡

列車は意外と綺麗!

列車は奥の方に停車しています。綺麗な列車で少し安心しました♪笑

早速列車に乗り込みます。

新幹線のような広々とした列車。

席もしっかりとしていてリクライニングも出来ました。

充電コンセントもありました。
2時間半の長旅なので充電の減りも気になるところ。
ポルトガルの変圧器も持っていくとgood!

朝ご飯タイム

リスボン出発後、ホッと一安心できたので朝ごはんタイム。
先ほどカフェで買ったコーヒーとパンをいただきました。

出発して気づいたのですが、進行方向と逆向きの席でした!!
席によっては進行方向の席もあると思うのですが、、、酔いやすい人は酔い止めを持っていきましょう。

アヴェイロ駅に到着

2時間半ほどでアヴェイロ(Aveiro)駅に到着しました。
到着後、階段を降りてローカル線の切符を買いに行きましょう。

階段を降りたところにローカル線の切符売り場があります。
こちらで「アゲダ(Ageda)」行きの切符を購入します。切符を購入したらローカル線乗り場へ行きましょう。
落書きだらけのファンキーな電車が目印です。

ローカル線はいたって普通の電車です。
電車に揺られながらのどかな景色を楽しみつつ(窓が汚くてなかなか外が見えない。笑)
30分ほどでアゲダ駅に到着しました。

アゲダ駅

アゲダ駅はとてもこじんまりとしています。

乗り場も1つしかないので迷うことはありません。

田舎な駅な分、列車の本数も少ないので帰りの電車の時間はチェックしておきましょう。
改札などはなく、帰りは列車の中で料金を支払いました。

まとめ

ポルトからアゲダに行く方法は書いているサイトは多かったのですが、意外とリスボンからアゲダに
行く方法がなく、手探りながらなんとか辿りつけました。

海外での列車での移動はハードルが高いように思えますが、アプリをダウンロードさえ出来れば意外と
簡単にチケットは購入できます。

分からなかったら駅員さんに聞けば教えてくれますし、何より「自分たちで旅する
ワクワクドキドキな感覚を味わえるのでポルトガル内での日帰り旅行オススメです♪

カラフルな傘祭りやコスタノヴァの可愛い家並みを是非見に行かれてくださいね♡

▼アゲダの傘祭りの楽しみ方はこちら

▼ポルトガル記事を合わせてチェック▼



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。