ピンチをどう乗り越える!?フリーランス最大の危機到来!

Instagramのストーリズにいただいた質問を
ピックアップして本日のフリーランスブログをお届けします。

今回ピックアップさせていただいたテーマはこちら!

フリーランスで大変だったこと、
そしてピンチの時の乗り越え方を教えてください

どんな仕事をしていても大変なことは大なり小なり必ずありますよね。
仕事だけに限らず人間関係でも恋愛でも大変な時、ピンチの時に皆さんがどのように乗り越えていっているのかは
私も興味があるトピックスです。

私が体験した最大のピンチとピンチをどう乗り越えていったのか。そして経験をもとにピンチ自体を回避するための
フリーランスの在り方について気付いたことを綴っていきたいと思います。

今新しい働き方として注目を集めている「フリーランス」

フリーランスの大きなメリットは「時間や場所を選ばない自由な働き方」という点が挙げられます。

フリーランスのメリットはよく聞きますが、逆にデメリットはどんな点があるのでしょうか。

私が7年フリーランスをやっていてこれはデメリットだなと思うことは

保証がない

ということです。

会社で働いていれば当たり前に毎月お給料は出ますよね。

会社に属して働くということは経済的に「安定」しているということです。

フリーランスの場合、自由な働き方が出来る分、もちろんリスクもあります。

極端な話ですが、突然明日仕事がなくなる可能性もあるんです。

フリーランスをしていて大変だったことはありますか?
とご質問をいただくことがありますが答えは「もちろんYes!」です。

小さなピンチは数えきれないほど沢山ありますが、
7年間のフリーランス生活で一度だけ瀕死の状態に陥ったことがあります。

今までWebデザインの仕事をしてきて、ありがたい事に毎月お仕事をいただけていたので
広告を打ったり、新しい事に挑戦したりという事を特にしていませんでした。
(恥かしながらどこからお客様が来てくれたのか、サイトの分析なども特にしていませんでした。)

特に新しいことも取り入れていなかったので、言ってみれば毎月「現状維持」の状態です。

そんなある月のことです。

 

新規のご依頼が最近来ていないことに気づいたのです。

最初は「あれ?最近暇だな〜」くらいに軽く考えていたのですが、
月の中旬くらいになってもびっくりするほど音沙汰がない!

「これは本格的にまずいぞ!」と焦り始めました。

「お問い合わせフォームがバグを起こしている?!」「メールアカウントが乗っ取られた!?」
などいろんな可能性を考えてみたり、検証してみましたがどれもバグはなく正常運転していました。涙。

これからこの状態が続いてしまったらどうしよう〜!考えだすと不安が襲います。。

仕事がこない = これから生活ができない

という事。

多少なりとも貯蓄はあるとはいえ、この状況がいつまで続くか分からない中では不安がつきまといます。
家賃どうする?支払いは?
不安になり始めればキリがありません。
あまりにその月の売り上げが立たないので、バイトしよっかな・・。と本気で考えたほどです。

そのときに相談した人の言葉でハッ!と気づいたのです。

”現状維持は降下していくだけだよ。時代は変わっているんだから5年前と同じ事をしていてもダメだよ。
あぐらをかいてないでもっと新しい事を学んでいきなよ。”

厳しい言葉でグサッと傷つきましたが、まさにその通りでぐうの音も出ませんでした。

今の仕事や生活にに満足して、自分が成長しようという気持ちが
なくなっていたのです。

webデザイナーを目指して勉強していた頃は、新しい事を覚えていく事が楽しくて楽しくて
毎日ワクワク色んな事に挑戦していましたが、
時間が経ち、学んだことが仕事になったことでいい意味でも悪い意味でもそれが”当たり前”になってしまい
自分自身がもっと上へ行こう!という気持ちが薄れていたのです。

時代の変化はとても早く、今需要のあっても
5年後にはそれが当たり前になっていてみんなが出来るようになっていることがこの時代にはザラにあります。

5年前にこんなサービスあったらいいなとぼんやりと思っていたサービスが
今アプリでリリースされて当たり前になっています。

フリーランスは常に変化が必要

同じことをずっとしているのではなく、常に自分の出来ることをブラッシュアップしたり、
新しいことを取り入れたり、挑戦していくことが必要です。

その事に気付いてから私は早速新しい事にチャレンジし始めました。

今まで全くリニューアルしていなかったHPをリニューアルしてもっと見やすくしたり、
ニーズがありそうなメニューを追加してみたり。

そして興味のある分野の事や、やってみたいなと思っていたことを

これからこんな仕事もしていきたい!」と積極的に周りの人に話していきました。

自分の気持ちが前向きになり問題点を改善しつつ、
新しいことを学びなら挑戦をしていくと気持ちもどんどん前向きにワクワクとしていきました。

するとまたお仕事の依頼が
増えてきてびっくりすることに以前以上のお仕事をいただけるようになったのです。

そしてこんなことをやってみたいと話していたことが
ミキちゃんこんなことやりたいって言ってたよね!やってみる?」と
挑戦してみる機会をいただけたりもしました。

ピンチを機に、仕事の幅が以前より広がるようになったのです。

ピンチこそ、大きく変化するチャンス

ピンチはチャンス。まさにその通りですね。
ピンチの渦中にいる時はチャンスだ!なんて思える余裕なんてないですが

よくない状況の時こそ、
今の自分をしっかりと見つめ受け入れることが大切だと気付きました。


自分を見つめる=自分の気付かないようにしていた嫌な部分にも目を向けなければならないということ。

自分の嫌な部分や面倒くさいと思って後回しにしていた部分に
フォーカスするにはパワーが要ります。

ただしっかりと受け止め、変わろとする気持ちを持つと次第に気持ちは前向きになっていくものです。
そして自分の気持ち一つで面白いくらい結果が変わっていくんだなと実感しています。

スピリチュアル的なことではないですが、
自分の気持ちが変わると行動が変わる、そうすると自ずと結果が変わっていくのだと思います。

私は基本はweb上で仕事のやり取りしているのですが、
自分がどんな気持ちで仕事に取り組んでいるのかは、Web上でも相手に伝わってしまうものだと感じています。
本当に不思議です・・!

だからこそフリーランスで仕事をする上で自分の気持ちのコントロールは必要だと思います。

女性は気分の変化が激しい生き物ですからモチベーションを一定に保つのはなかなか至難の業ですけどね・・。
私もまだ上手な答えは見つかっていませんが、出来るだけ”今”の感情を受け止めるようにしています。

▼フリーランス的 モチベーションの維持方法についてはこちら

フリーランスは月収ではなく年収で見る

フリーランスのお友達が教えてくれた考え方なのですが、
毎月収入が変わることが多いフリーランス。

今月は収入が多かった、今月は少なかった。と一喜一憂していると
精神的に疲れてしまいます。

月収で見るのではなく1年トータルで年収の目標金額を決めて
一年を通して数字を追っていくといいよと教えてもらいました。

月収ではなく年収で見ていく考え方にシフトしてから心がとても楽になりました。

まとめ

小さなピンチや大きなピンチ。何回も危機を経験していくことで、
少しずつ精神的にも強くなっていくのを感じます。

会社員のような「安定」はないですが、同じ日は二度とない刺激的な毎日と自分で未来を開拓していく楽しさは
フリーランスならではの醍醐味です。

フリーランスという働き方でではなくても、日常の中で大小いろんなピンチな出来事が起こると思いますが
ピンチの時こそ自分自身と向き合い、常にレベルアップしていこうとする気持ちが大切なのではないでしょうか。

▼合わせてフリーランスブログをチェック▼

▶︎フリーランスブログ一覧はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。