【第二回】フリーランスになって初めてぶち当たった壁 ーフリーランスに必要なものー

ブログをご覧くださりありがとうございます。

前回の【第一回】私がフリーランスになるまで ー好きを仕事にするー が

なんだかすごい反響で、、ありがとうございます。

「フリーランスになる勇気が出ました!」「新しい事始めてみます!」とメッセージをくださり

自分の経験が誰かのパワーの源に少しでもなっているなんてこれ以上に嬉しい事はないです!

過去の自分にも聞かせてあげたい!

今回は「フリーランスになって初めてぶち当たった壁」のお話です。

 

 

お店の名前は誰でも読める名前がいいよとの姉のアドバイスで「デザインショップ Ririan」に決定!

(Ririanの由来は昔飼っていた猫の名前が”りり”だったからという単純な由来です笑)

 

早速ブログを書いたり、メニューを作ったり。

夜な夜な作業を進めていました。

 

この当時のPCは赤のWindowのVaioが相棒。

時間も忘れて作業をしていました。

 

そんな中始めてぶち当たった壁。それは

 

「集客」

 

です。フリーランスの方は誰しも集客の壁にぶち当たった事がある問題では

ないでしょうか。

 

メニューを作って待っていてもお客様は来ません。

 

閑古鳥が鳴いています。

さてどうするか。

何か動かないとお客様が来ないのは当たり前。

まずはやってみた方がいいと思う事を手当たり次第やってみる事にしました。

納品実例もないのでそれではお客様も注文するには勇気がいるかなと思い

名刺デザインをいくつか作り、それをデザイン傾向として

見ていただこうと考えました。

無料のネットショップサイト「BASE」を作ってすぐにネットショップをオープン。

テンプレートデザインを作ってはアップし、それをブログで紹介する毎日。

 

 

ブログも毎日アップするようにしてとりあえずこのショップは

動いているんだよ〜安心だよ〜と皆さんに知ってもう事に努めました。

 

最初はなんの反応もなかったのですが

始めて1ヶ月ほどで効果が少しずつ見え始めご注文をいただけるように!

ご注文を頂けた事がとっても嬉しくて嬉しくて♡

気合いも十分!

 

 

 

ロゴデザインをご注文いただいた方にはこれでもか〜!というぐらい

サンプルを作ってお送りしていました。笑

 

お客様が喜んでくださると更に嬉しくて♡

今まで仕事も無気力で早く帰る事のみを目標としていた自分が

誰かの為に何かをする事に喜びを感じている

 

 

今まで生きてきて感じた事のないような感覚でした。

自分の中にこんな自分もいたなんて・・。

新しい自分を知った瞬間でした。

 

そんな喜びに浸っている中、

 

 

問題も発生します・・・。

 

それは・・・

「どうするか分からない!」

笑っちゃいますがそれが2つ目にぶち当たった壁でした。

 

デザイン作成中お客様に「これはこうして欲しい」とご希望いただいた

解決方法が恥ずかしながら分からなかったのです。。

 

前職はECサイトに勤めていたのですが、今回の内容はやった事ない!という事が発生!

 

もうパニック!

 

 

前職の人に聞くわけにもいかないし、webに詳しい友達もいない・・

落ち着け〜〜!何かあるはずだ!

Googleで検索したり、一個ずつ考えうる方法を試してみたり・・

 

それでもダメならまた違う方法で試してみたり・・

 

絶望の中徹夜をして、何とか!形に出来てホッと一安心!

 

あ〜〜よかった〜。

 

と思ったらまた違う案件でトラブル発生!

印刷を委託する業者ともやり取りを始めたばかりで、

全く違うものが仕上がってしまったのです。

 

その件でお客様を怒らせてしまい、ひたすら平謝り、、。

何てことも。

 

今まで会社で働いていれば、何かあれば上司が教えてくれますし、

困った事があれば誰か代わりにやってくれる。

 

自分が分からなければ分かる人に頼ればいい。と思っていました。

 

ですがいざ一人で始めてみると当たり前ですが

誰もいない!自分だけ!

 

なんです。

 

注文から作成、クレーム対応から業者さんへの依頼も

何が起きても自分で対処しなければならない。
もちろん喜んで感謝してくださる方もいらっしゃいますが、

中には無理難題を言われる方もいたりして、もう大変!

 

楽しそう〜♡だけではない世界がそこにはあったのです。

 

ただどんな問題が発生しても、お客様には自信満々に

「大丈夫です。私に任せてください!」

 

 

とお伝えしていました。

 

内心はかなり焦っていますが、自分がお客さんの立場で不安な表情や

言動をされたらどう思うか?という事を常に考えていたのです。

 

「この人に任せて大丈夫!?」

 

と思われたら終わり。

最初にRirianを作った時に決めていた事。

 

フリーランスで始めたからにはプロとしての仕事をしよう!

 

これは自分との約束でした。

 

お客様から見ると私が始めたばかりのぺーぺー何てことは全く関係ないのです。

 

お客様から見たら立派なプロなんです。

なので「実は始めたばかりです!」なんて事は一切言わないと決めていました。

 

自分で仕事をするからには

「覚悟と責任」が必要です。

 

フリーランスは気軽に始めれますし、

辞めたければすぐに辞める事も出来ます。

 

ただ自分のやると決めた事に責任を

持たないとこんなはずじゃなかった!と早々に

逃げる事になってしまうでしょう。

 

何かを変える為に始めた始めたんだから

今度こそ逃げたくない!

 

いつも嫌な事があると何か理由を付けて放り投げてしまう

自分の嫌いな癖。好奇心旺盛で何にでも飛びつくけどすぐに飽きてしまう。

 

そんな自分からいい加減変わりたかったんです。

 

ここで逃げたらまた嫌いな自分に戻ってしまう。

それだけは嫌でした。

 

自分を変えたかった。

 

フリーランスを始めたのはこれが一番大きな理由だったのだと思います。

「何かを本気で頑張る」という事は「嫌いな自分とも向かわなきゃいけない」のです。

 

絶対に負けたくない。

 

この時何に対してこのように感じ、メラメラとしていたのか、当時自分ではよく分かっていなかったのですが

振り返ると自分に負けたくなかったんだな〜と気付きました。

 

なので最初はこんな風になりたいと思う理想の姿を

演じながら頑張っていました。

 

誠実な対応を心がけていると

不思議と問題自体が起こらなくなり

お客様も信頼をしてデザインを任せてくれるようになっていったのです✨

 

 

————————————————————————

 

今回のお話はここまで♪

フリーランスへの道の今日のヒントはこちら。

その1。考えるのは後回し!まずは動いてみる

何かをしてみようと思う時、ワクワク!の気持ちと同時に

「でもこうなったら〜」「お金もかかるし」「やるとなると色々と手続きがあるし面倒くさそうだな」

とマイナスな感情も出てきてしまうかもしれません。

 

色々と考えてから行動に移すのはもちろん大切。

 

ただ考えすぎてお尻が床にくっつきすぎている人!

もったいないです!

 

重いお尻を持ち上げましょう!笑

時間は刻一刻と流れています。

 

何かを始める時は不安も付き物ですが、とりあえずは

動きながら考える

 

 

事が大切です!

 

例えばフリーランスになる為の本を見てみたり、

講演を聞きにいくのもいいと思います。

 

ハンドメイドでお店を出したいのならまずは自分の好みのテイストの

作家さんの体験レッスンに参加したり。

 

Youtuberになりたいのならどんなコンテンツにしようと

案を書き出してみたり・・

 

昨日までの自分がしなかったワクワクとする事を始めてみましょう♪

 

それが小さな自分の自信に繋がります。

 

その2。プロ意識を持つ

 

始めたからにはプロとしての仕事をする!と決める事が大切です。

 

きっとそれぞれの環境がありダブルワークだったりお子様がいたりと

抱えている事情も違うと思います。

その中で何かを始めようという気持ち、行動

本当に素晴らしいと思います。

 

ただお客様からの立場で見ると、今どんな大変な環境なのか

時間がないのかというのは全く関係ないのです。

 

お金をお支払いしてもらっている以上、

値段に見合った、いや値段以上のサービスを提供する事を心がけましょう。

 

値段以上のサービスは簡単!

自分がされたら嬉しいな〜と思うサービスをするだけです。

 

私が思うのは・・・

 

・返信が早い

 

・安心感がある丁寧な対応

 

・納期を守る

 

・クオリティが高い

 

・思っていた以上のものを納品してもらえる

 

などです。

 

お客様が思っていた以上のものをお届けすると、100%確率で

リピートしていただけます。

これはフリーランスに限った事ではなく、お仕事全般に言える事ですね^^

さぁ、早速何か動き出してみませんか?♡

 

 

次回はどうしましょう。。

何か聞きたい事などあればリクエストしてくださいね♪

お楽しみに♡

 

 

フリーランス向け・Wordpressスタートアップ講座

開催しています♡



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。