【Webデザイナーが選ぶ】Web系の仕事を始めるならまず読みたい本5選

Webデザイナーになり7年。
今も勉強のために時間があれば本は読んでいますが、
「今からWeb系の仕事を始める人・始めたいなと思っている人」に
オススメの本を本日は5冊ご紹介いたします。

1.沈黙のWebライティング 

この本は最近オススメされて読んだのですが、読んでみて思った事

「Webデザイナーになる前に読みたかった!」

かなり厚めの本で最初は読めるかな?と心配になりましたが、中はマンガ形式ですらすら〜っと読めちゃいます♪

今までHPやブログの内容をあまり意識したことがなかったのですが、「検索エンジン」を意識したライティングは
目からウロコの情報ばかり。

「誰に向けて書くのか?」

「自分だったらどんな風に検索をしてサイトを見つけるか?」

ライティングの基本を押さえることで、より評価されるサイト(=SEOが強いサイト)を作り上げることができます。
この本を読んでブログやHPの書き方、書く内容が大きく変わりました。

この本は絶対読むべし!

2.共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る

元HKT48だったゆうこすさん。
ただのアイドルからモテクリエイターとして「見せ方」を変えてから一躍人気者になった彼女。
私が彼女を知ったきっかけはNewsPicsでした。
面白い子がいるな〜と思っていて、最近本屋に立ち寄った際に彼女の本を見つけたので
パラパラと見てみたらかなり的を得ていて共感する部分が沢山ありましした。

Instagramをベースに集客や販売をしたいなら彼女の本は勉強になる事が多いと思うので、
おすすめです♡(私はKindleで読みました)

本の中では彼女のアカウントのインサイトも公開していてすごいな〜!と関心。
色々と思い切りがいいので読んでいて気持ちがいいです。笑

3.ネットで「女性」に売る


女性をターゲットにしたWebを展開するならオススメの一冊。
女性がWebで買い物をする際にどこを見ているか、どこで離脱するのか気になることが分かりやすく説明しています。
(字も大きくて見やすい、飽きずに読むことができます◎)

この本を読んで共感したのは、「女性はHPの文字はほぼ読んでいない」という事。
見ていても見出しぐらいという事実をご存知でしょうか。

細かくいろんな情報をあれやこれやと詰め込むよりも、
スッキリと写真を大きめに見やすいサイトに仕上げて
響くワードで要点をポンっと載せるくらいの方が実はコンバージョン(=購入率)はアップします。

これは私が7年間Webを通して仕事をしてきて実感していること。
読みながら「そうそう!」と共感することがとても多い一冊でした。
Webショップを始める人も是非この本は一度目を通すといいかと思います♪

5.世界一やさしい問題解決の授業


全て直感で生きていて、そこにまったく”理由”がなく
「なんとなくそれがいいと思う」とアバウトな答え方をしていた私に(言語化がとても苦手)
旦那さんが「これはMikiに必要な本だ」と渡してくれた本。

元マッキンゼーで働いていた著者が中高生にもわかるように絵本のように分かりやすく問題解決の手順、考え方を
解説してくれています。

コンサルティング会社に入る際に「絶対に読む本」として位置付けられているんだそう。

現状の理解→原因の特定→打ち手の決定→実行

問題解決をする際にはこの流れが基本です。
結果に対して「なんでこうなったのだろう?」と何事も検証して原因を特定していくことが大切という事を学びました。

フリーランスで仕事をするのであればは自分で考え、自分で決めることがほとんど。
起きた問題に対して的確な判断が出来るよう、日々思考の癖づけをしています。

この本は何度も読んで問題解決の考え方をインプットするといいと思います♪

まとめ

Web系の仕事を始めるならまず読みたい本5選いかがでしたでしょうか。

どの本もWeb系の仕事をする上でとても必要な情報が詰まっています。
字も大きくイラストがある本ばかりなので、本が苦手な人も読みやすいはずです♪
興味がある本から是非チェックしてみてくださいね。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら
フリーランスはどうやって仕事を見つけるの?

▼こちらもおすすめ
【WordPressブログ・HP】ドメイン・サーバー選ぶならどこがいい?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。