料金が安いレンタルサーバーのメリット・デメリットを徹底解説!

WordPressを使ってブログやサイトを運営するとき、まず必要になるのがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーはたくさんあり、どのレンタルサーバーと契約するか悩みますよね。

比較する項目として、料金面は気になるところだと思います。

レンタルサーバーの月額費用の平均はプランや契約年数にもよりますが、1年契約で1,000円〜が平均です。
ただ「サーバー 安い」で検索すると月額100円〜200円で使えるサーバーもあります。
値段も安いし、このサーバーで決まり!と料金だけをみてレンタルサーバーを契約するのは危険です。

今回はこれからレンタルサーバーを契約する方向けに、安いレンタルサーバーのメリット・デメリットを解説します。

新しい働き方を目指すための人のオンラインクリエイティブスクールRirian School.では、

デザインを学びたい方に向けて、

・イラストレーターの基本操作、デザインの基礎知識、ロゴデザイン、ショップカード、名刺、YouTubeサムネイルの作成⽅法、印刷会社への⼊稿⽅法まで教えるAdobe Illustrator(イラストレーター)講座

世界で26番目、日本初のオンラインデザインツールCanva公認のアンバサダー(Canva Expert)のmikimikiが教えるCanva Webデザイン講座

などのさまざまな講座をご用意しております。

今後デザインやマーケティングの知識を身につけてお仕事にしていきたい方はオンラインクリエイティブスクールRirian School.をチェックしてみてください

安いレンタルサーバーのメリット

ここではメリットを2つ挙げます。

  • 料金が安い
  • プランをアップグレードできる場合がある

大きなメリットはもちろん、料金が安いことです。

レンタルサーバーを契約する際に月額費用と初期費用がかかります。

最近では初期費用が無料のレンタルサーバーが増えてきていて、始める際の初期投資としては負担が少なくはなってきています。

またレンタルサーバーは複数のプランを用意している場合が多く、後からプランを変えることができる場合があります。

小さく始めて、状況に応じてプランをアップグレードさせるという効率的なやり方で、コストを抑えながらサイトを運営することができます。

安いレンタルサーバーのデメリット

次はデメリットも把握しておきましょう。
安いレンタルサーバーのデメリットはこちらです。

  • サーバーが不安定
  • サポート体制が希薄
  • データベースが使えない場合がある

サーバーが不安定

安いレンタルサーバーは転送量の制限が低く設定されています。

転送量とは、サーバーから送るデータの容量のことです。

契約するプランによって転送量は変わりますが、安いレンタルサーバーは転送量は少ないので、運営しているサイトにアクセスが集まれば接続ができなくなってしまったり、表示速度に制限をかけられてしまうことがあります。

表示速度が遅いと閲覧率が下がってしまうので、せっかくサイトを作ったのにみてもらえなくなってしまう可能性があるので、使いづらく感じてしまうかもしれません。

サポート体制が希薄

サーバーの契約手続き中やサイトの運営で何か不具合が起きたときに、すぐに電話で問い合せをしたいところです。

レンタルサーバーには、問い合せできるサポート体制が整っている会社が多いですが、安いレンタルサーバーの場合

電話対応をしていない場合があり、すぐに対応してもらえないことがあります。

メールで問い合せをしても返答に数日かかることもあり、その間は作業がストップしてしまいます。

データベースが使えない

データベースとは、サイトの必要な情報が格納されたまとまりのことで、WordPressを使う場合記事の内容やユーザー認証などを記憶するためにMySQLというデータベース機能が必須です。

安いレンタルサーバーだと、MySQLが使用できないことがあり、WordPressやその他CMSを使う方は要注意です。

レンタルサーバーはたくさんの会社があるので、比較して自分に合うサーバーを選ぶようにしましょう。

こちら記事では、レンタルサーバー5社を徹底比較しています。

レンタルサーバーを比較してみました!選ぶときの参考にしてください♪

>>>【徹底比較】WordPressブログおすすめレンタルサーバーランキング【比較表あり】

本格的なサイトを運営するならConoHaWINGがおすすめ

出典:ConoHaWING公式サイト

\ 10/18 16:00まで キャンペーン中!/

料金だけをみて安いレンタルサーバーを契約するのは危険だということを解説してきました。

サイトを運営するなら安くてしっかりしているサーバーがいいですよね。

様々なサーバー会社のプランやサービスを比較してきた筆者がおすすめするレンタルサーバーはConoHaWINGです。

ConoHaWING(コノハウィング)は、大手企業の『GMOインターネット』が運営するレンタルサーバーです。

他のレンタルサーバーと比べると比較的新しいサーバー会社ですが、上記で解説した安いレンタルサーバーのデメリットを解消できる要素が揃っています。

  • 安めの料金設定
  • 転送量・データベースが無制限
  • お問い合せもできる

安めの料金設定

CanoHaWINGは初期費用がかかりません

WINGパックというお得なパックを使うことでドメインも無料で2つまで取得することができます。

さらにキャンペーンに合わせてサーバーを契約するともっと安く使うことができることです。

キャンペーンについては、後ほどご紹介します。

転送量・データベースが無制限

安いレンタルサーバーは転送量が低く設定されているため、サーバーの表示速度が遅くなってしまうことがあると解説しました。

ConoHaWINGは転送量が無制限のため、アクセスが集中してもサイトダウンせず、安定してサイト運営が可能です。

また国内最速のレンタルサーバーで、どのレンタルサーバーよりも表示速度が速いというメリットもあります。

データベースも無制限に使えるので、WordPressでしっかりしたサイトを作ることができます。

お問い合せも可能

わからないことがあれば、電話やメールで問い合わせることができるので、安心して契約を進めることが出来ます。

お問合せは24時間対応ではないので、時間外に問い合わせた場合は回答まで少し時間がかかってしまう場合があります。

その際はサポートページがあるので、ページを見て近い質問内容がないか確認をしましょう。

ConoHaWINGについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ConoHaWINGのメリット・デメリットも知った上で、契約を検討しましょう!

>>>WordPress作るならどれ!?レンタルサーバー「ConoHaWING」のメリットとデメリット

ConoHaWINGはキャンペーン中に契約するとお得

レンタルサーバーConoHaWINGに契約するときはキャンペーン中がおすすめです!

現在Webサイト制作応援キャンペーンとして、通常価格から最大50%オフでサーバーが使えるキャンペーンを行なっているので、ぜひチェックしてみてください。

WordPressでサイト制作に挑戦してみましょう!

\ 10/18 16:00まで キャンペーン中!/

新しい働き方を目指すための人のオンラインクリエイティブスクールRirian School.では、

デザインを学びたい方に向けて、

・イラストレーターの基本操作、デザインの基礎知識、ロゴデザイン、ショップカード、名刺、YouTubeサムネイルの作成⽅法、印刷会社への⼊稿⽅法まで教えるAdobe Illustrator(イラストレーター)講座

世界で26番目、日本初のオンラインデザインツールCanva公認のアンバサダー(Canva Expert)のmikimikiが教えるCanva Webデザイン講座

などのさまざまな講座をご用意しております。

今後デザインやマーケティングの知識を身につけてお仕事にしていきたい方はオンラインクリエイティブスクールRirian School.をチェックしてみてください

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人