ポルトガルの伝統に浸る! 国立アズレージョ博物館

ポルトガルを旅していると必ず目に入る装飾タイル。
ポルトガルでは伝統の装飾タイルの「アズレージョ(Azulejo)」と呼びます。

リスボンで訪れた国立アズレージョ博物館には美しいアズレージョが
多数展示されています。

教会を改装して建てられた博物館で、15世紀から現代までの歴史的価値の高いアズレージョが多数展示されています。
中心地からは少しは離れた場所にあったので、UBERを使って訪れました。

館内には時代やテーマごとに美しいアズレージョが展示されています。

ジェロニモス修道院やベレンの塔ほど混んでいませんでした(むしろ空いていました)。
の〜んびりとポルトガルの歴史に想いを馳せながらアズレージョを楽しむことができます。

回廊には美しいブルーとイエローのアズレージョ装飾が一面に施されています。

ブルー×イエローのアズレージョを背景にプロフィール写真を撮っている人がいたので真似っこしてみました♪

アズレージョといえば青と白で描かれたものが有名ですが、多彩色のアズレージョもあるんです。
アーチとアズレージョのバランスもまたいい!

回廊の2階に登ると青一色の伝統的なアズレージョが壁一面に描かれています。

国立アズレージョ博物館には黄金の装飾×青色のアズレージョがコラボレーションした唯一無二の礼拝堂もあり
何とも圧巻な空間!

館内にはアズレージョ装飾されたレストランも併設されていて、歩き疲れたらこちらで休憩しましょう♪

まとめ

国立アズレージョ博物館人も少なくゆっくりと見学ができました。
中心地からは少し距離がありますが、アズレージョ好きにはたまらない場所なのでリスボンで時間があれば、
訪れてみてはいかがでしょうか。

国立アズレージョ博物館
R. Me. Deus 4, 1900-312 Lisboa
営業時間:10:00~18:00 (月曜休館)
料金:€5

▼ポルトガル記事を合わせてチェック▼

▶︎▶︎▶︎ポルトガル記事一覧はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。