Webデザイナーを目指す人が最初に読むべき本5選

こんにちは。mikimikiです。
本日はWebデザイナーを目指す人が最初に読むべき本5選をご紹介していきます。

1.なるほどデザイン

まず1冊目がなるほどデザイン。
デザインの基本が図解でわかりやすく紹介されています。

文字も大きめなので飽きることなく読破することができるので、本が苦手な人にもオススメです。
最初にこの本を読むだけでデザインの質はグッとアップすること間違いなし!

なるほどデザイン Amazon

ノンデザイナーズ・デザインブック

私がWebデザイナーを始めた際に最初に読んだ本がノンデザイナーズ・デザインブックです。
デザインの4つの基本原則である「近接」「整列」「反復」「コントラスト」について学べます。

文字が多めなので、少し見づらいなと感じるかもしれませんが、デザインの「基本」が詰まった
一冊です。ぜひ読んでみてください。

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]Amazon

3.けっきょく、よはく

デザインをスタートする人が必ずと言っていいほどぶつかる壁が「デザイン詰め込みすぎ問題」。
余白を作ることが「怖い」と感じてしまう人が多いんです。

そんな「余白」をキーワードに、余白を取ることでデザインがどう変わるかをBefor Afterを比較しながら解説して
くれているのでデザインの改善点がとても分かりやすいです。

デザインのレイアウトがうまく出来ない人にオススメの一冊です。

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本 Amazon

4.大人女子デザイン

デザインの勉強が終わったら読みたいレイアウトが学べる一冊。

0からデザインを作る時にアイディアが浮かばないこともありますよね。
そんな時にこちらの大人女子デザインは活躍します。

どのデザインもシンプルでありながらデザインのインパクトがあり、今ドキなお洒落なレイアウトが紹介されています。
インスピレーションが欲しい時に私もよく読んでいて、すっかりボロボロです。笑

大人女子デザイン 女性の心を動かすデザインアイデア53 Amazon

5.人を動かすデザイン22法則

2020年12月に発売されたデザイン本で、最近読んだ本の中で一番面白かったのがこちらの一冊。
Webデザインの基本法則はもちろん、売れるためのデザインマーケティングの法則など
デザインを作ることから、一歩先の「魅せるため・売れるため」のデザインを学びたい人にオススメです。

これならわかる! 人を動かすデザイン22の法則 Amazon

YouTubeで詳しく解説!

0 Shares:
You May Also Like