【厳しい現実】Webデザイナーには全くの未経験でもなれるのか?

近年、SNSでWebデザイナーになろう!みたいな広告をよく目にします。
実際、コロナ禍を経てオンラインでの仕事はかなり注目を浴びています。

パソコンで何処でも仕事の出来るWebデザイナーに憧れるけど、、

「未経験だけどWebデザイナーに転職は出来る?」
「オシャレなイメージだし、自分にはセンスがないけどWebデザイナーになれるの?」
「Webデザイナーって儲かるの?」

と思う方もたくさんいらっしゃるはず。

今回は未経験からWebデザイナーへの転職の将来性や不安のポイントなどをご紹介していきます!

新しい働き方を目指すための人のオンラインクリエイティブスクールRirian School.では、

・Webデザイナーを目指している方
・Adobe Illustrator未経験者・初心者の方
・Adobe Illustratorの基礎はわかるけど実際の成果物の作り方がわからない方
・Adobe Illustratorで作品を作成することはできるけど、実践的な入稿方法やお客様への納品方法などがわからない方

このようなお悩みをお持ちの方にむけて、以下の2つのイラレ講座をご用意しています。

動画でいつもでも学べるイラレストレーター講座
mikimikiからマンツーマンで学ぶ4daysイラストレーター講座

実際に現役のWebデザイナー、また登録者10万人以上のデザイン系YouTuberのmikimikiが直接丁寧にレッスンします


\こんなお悩みをお持ちの方にはIllustrator講座ががおすすめ/

Webデザイナーのお仕事についてはmikimikiwebスクールのYouTubeの方で
詳しくご紹介させていただいておりますので、良かったらご参考にしてみて下さい!

Webデザイナーとは?

Webデザイナーは、その名の通り、Webサイトのデザインを制作する人の事を言います。
主なお仕事として、

  • Webサイト作成
  • LP作成
  • バナーやロゴ作成
  • コーディング

などがあげられます。

Webデザイナーの仕事については、以前にご紹介しているので、是非ご覧ください!↓

>>>独学でも就職できる?Webデザイナーの仕事内容や将来性を徹底解説!

目次

未経験、まずは何から始める?

全くの未経験、、、
まずは、以下のようなスキルを身につける必要があります。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • コーディング
  • HTML、CSS
  • JavaScript
  • デザインスキル
  • 企画・発想・提案力

全てを身に付けなければいけないわけではないですが、
出来ることが多いとその分Webデザイナーとしての需要が高まります。
では、勉強方法を見ていきましょう。

独学で勉強する

今は本やyoutubeで独学で勉強することが身近に可能になっています。
無料のレッスン動画サイトなどもあるため、そういうのを視聴するのも一つの手です。
しかし、自分だけで勉強するには客観的な視点がないため、自分が望んでいるものとクライアントが求めるものが違った認識のままになる可能性が高いです。

ある程度バナーなど作成出来るようになったら、クラウドソーシングなどでアウトプットするようにしましょう。

スクールで講座を受ける

スクールと言っても、無料のものやオフライン、オンラインなど色々あります。
是非自分に合った費用やスケジュールのものを受講していきたいですね。

無料の職業訓練校

お近くの無料職業訓練校では、3〜6ヶ月でのWebデザインのカリキュラムを受講できます。
開催しているプログラムにもよりますが、HTMLやPhotoshop、ネットショップやWebサイトの運営まで
教えてくれるものもありますので、魅力的です。
ただ、自分で日程が組めなかったり、働きながら通うのが難しかったりするので、自分のスケジュールと確認する必要があります。

Webデザインスクール

お金に余裕がある方で、もっと専門的に学びたい、という方には
通学式のWebデザインスクールがオススメです。
週末や夜間部授業のものもある為。働きながら受講する事が可能です。
費用としては期間にもよりますが、30~70万ほどかかるため、
先生の元で直接じっくり教わりたい方にはこちらのほうが向いているかと思います。

オンライン講座

近くにデザインスクールがなかったり、いつでもどこででも講座を受講したい方には、
オンラインでのWebデザインスクールをオススメします。
オンラインですと、動画を見て一緒に実践する方法がメインだと思いますので、自分の好きなタイミングで勉強出来ます。
しかし、その反面講師がずっといるわけではないので、自分のやる気と時間の確保次第になるので、途中で投げ出すこともしばしばです。
また、今やオンライン講座もよく見かけるけどどこに申込めば良いのか分からない、飽和状態になっています。
しっかりと無料の体験などを通じて自分に合ったスクールを見つけることがかなり大切です。

オンライン講座といえば、オンラインクリエイティブスクールRirian School.でもご紹介しております!

Webデザイナーとしてよく使う、無料イラスト素材サイトをこちらの記事にまとめました

>>>本当は教えたくない!Webデザイナー愛用のオシャレな無料イラスト素材サイト10選

Webデザイナーに転職するためにする事

スキルを身につけたところで、次は、
「どのようにすればWebデザイナーとして仕事に就いていけるのか?」
「未経験でも就職や転職出来るの?」

働き方としては、正社員として働く、インハウスデザイナー、フリーランスとして働く、等があります。

いきなりフリーランスで働くことは難しいかと思われますので、
まずは転職としてWebデザイナーになることをオススメします。

ポートフォリオを作成

正社員として転職するならば、面接などにおいて自分のWebデザインとして何が出来るのかという
「スキル」を提示しなければいけません。
そのためにも是非、ポートフォリオを作成し、紹介しましょう。

ポートフォリオとは、自分が今までに作ってきたものや実績をまとめた、いわゆる作品集のことです。
ただし、クリエイティブな場合のポートフォリオはただ並べたもの、というよりはこれ自体も一つの作品として作る必要があります。

ポートフォリオは、面接時に自分のスキルをアピールする絶好のツールとなります。
Web上にPDF化にしておいていつでも共有できる状態でも良いですし、印刷して紙を冊子化したものを持っておくのも良いかと思います。

転職活動をする

未経験、ということで経験者や即戦力を求めている会社にはなかなか目に留まるの厳しいかもしれませんが、
新しい視点を持っているやる気があって素直なら育てていきたい、と考える企業もあります。

まずは、転職エージェントや転職サイトに登録して、未経験OKな会社を探しましょう。
とはいえ、Web業界というとブラック企業が多いイメージもありますので、
エージェントが紹介してくれるオススメな企業で自分に合ったものを見つけて行きましょう。

以前、求人サイトを紹介しているので、是非ご参考ください♪

センスがないとWebデザイナーにはなれない?

Webデザインと聞くとデザインをする、ということでセンスが必要なのか?
と思う方が多いと思います。

実際、センスはあった方が良いかと思いますが、
Webデザインとは、レイアウトやフォント、配色、写真などの組み立てであり、ルールがあります。
しっかりルールに基づいてクライアントの意思を構築していけばいいのです。

基礎がしっかりしていれば、あとは沢山インプットをして、練習、実践でアウトプットしていけば大丈夫です。

デザインが苦手な人はオンラインデザインツールCanvaをお勧めします!こちらの記事を読めばCanvaの使い方0完全マスターすることができます♪

>>>【完全版】Canva使い方・学習完全マップ(基本操作習得〜収益化まで全公開)

Webデザイナーの将来性

未経験でWeb業界に飛び込んでもこれからどうなるんだろう?
未知の世界だと不安はありますよね。

今や私たちの生活にインターネットは欠かせない存在です。
そんな中でもWeb業界はまだまだ拡大を続けていき、Webデザイナーの需要は高まっています

また、昨今のコロナ情勢により、「テレワーク」だったりが常識となりつつあります。
特に最近は、都会で働いたのちに、UターンやIターン転職をする方も増えていっています。
Webデザイナーはパソコンとネット環境さえあれば何処ででも働けますので、
そう言った意味でも注目性のある職種なのではないでしょうか。

しかし、需要や注目度は高まっても、飽和状態になりつつあるのは事実です。
デジタルネイティブ世代、というようにPhotoshopくらいなら大学生くらいでサクッと使える、
Canvaで手軽に画像をデザイン出来る、という方も多いと思います。

だからこそ、デザイン、コーディング、プログラミング、SEOを考えたライティング、など高度なスキルが求められます。
正社員でスキルを磨いて、ゆくゆくはフリーランスとして活動を軌道に載せれば、それこそ年収も限度がなくなりますよね。

最終的には本人のやる気と地道な努力次第。

Webが廃れない限りはニーズ自体は無限だと思いますので、そこをどれだけ付加価値をつけいていくかで、
年収アップや大きい案件獲得などにも繋がっていくかと思います!

YouTubeにおいても解説しておりますので、是非ご覧ください!
【悲報】Webデザイナー飽和状態について語る。

よくある質問

未経験からWebデザイナーになれるかのいただいた質問についてお答えします。

どのくらいの期間勉強すればWebデザイナーになれるの?

一概にどれくらい、といった期間は存在しません。
Photoshopをある程度使用できればバナーが作れたり、
コーディングまで、となると数ヶ月は要します。
目安として3〜6ヶ月くらいは根気強く勉強する必要があるかと思います。

Webデザイナーには資格が必要か?

資格は特に必要ありませんが、自分の能力を表現しやすいかもしれません。
ウェブデザイン技能検定、Webデザイナー検定、Webクリエイター能力認定試験、など
色々ありますので、一つの勉強の目標として資格を取ることもオススメします。

Webデザイナーに向いているのはどんな人?

・地道にコツコツ作業をすることが好きな人
・好奇心を持っていて、新しいものに興味のある人
・制作することが好きな人

 のような、とにかくやる気と向上心、継続力が大切ですね。

Webデザイナーの年収はどれくらい?

平均で、300〜400万円くらい。
日本の平均年収が443万円(※2022年)ですのでやや低いです。

ですが、あくまで平均です。
自分のスキルを磨けば1000万円を超えることも出来ます!

まとめ

今回は、未経験からWebデザイナーになるための方法や、これからの将来性についてご紹介しました。
色々厳しい事を書きましたが、自分でゼロから作り上げていくという仕事には、達成感はとてもやりがいを感じます。

Webデザイナーというお仕事は、未経験でもやる気と努力次第で成果がきっちり出る業界だと思いますので、
是非頑張ってみましょう!

新しい働き方を目指すための人のオンラインクリエイティブスクールRirian School.では、

・Webデザイナーを目指している方
・Adobe Illustrator未経験者・初心者の方
・Adobe Illustratorの基礎はわかるけど実際の成果物の作り方がわからない方
・Adobe Illustratorで作品を作成することはできるけど、実践的な入稿方法やお客様への納品方法などがわからない方

このようなお悩みをお持ちの方にむけて、以下の2つのイラレ講座をご用意しています。

動画でいつもでも学べるイラレストレーター講座
mikimikiからマンツーマンで学ぶ4daysイラストレーター講座

実際に現役のWebデザイナー、また登録者10万人以上のデザイン系YouTuberのmikimikiが直接丁寧にレッスンします


\こんなお悩みをお持ちの方にはIllustrator講座ががおすすめ/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる