Canva

Canvaでできる25のこと

Canva使ってる人多いけど、何ができてどんなものが作れるんだろう?

今、Webデザイナーだけではなくノンデザイナーの人にも人気なクリエイティブツールCanva

Canvaでできることがとにかく多いです。

今回はCanvaでできることをまとめて25個ご紹介します。

  • 初めてCanvaを使う人
  • もうすでにCanvaを使っている人
  • Canvaの使い方をもっと極めたい人

こんな方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

私は今、日本初のCanva公式アンバサダーとして,Canvaの使い方や最新情報をYouTubeで配信しています。

ぜひ、YouTubeで詳しい使い方のレクチャーをしているので、そちらもご覧ください。

記事中にリンクを貼っています!

Canvaは無料で始めることができますが、CanvaProという有料プランに登録するとできることがさらに広がります。

Canva Proは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。
(Canvaに登録済みでもOK)

Canva Pro 登録クーポンコード 45日間無料トライアル

基礎からCanvaを知りたい方から収益化させたい方まで受講できる、日本初Canva公式アンバサダーが教える・ゼロから始めるCanva Webデザイン講座もご用意しております!

Canvaのすごいところ

できることの前に、Canvaのすごいところをご紹介します。

  • 専門知識が不要
  • ソフトのインストールが不要でマルチデバイスでデザイン可能
  • 豊富でオシャレなデザインテンプレート

専門知識が不要

デザインを作るときに、デザインの知識やソフトの使い方を調べないとできないのではと思われる方もいると思います。

Canvaを使えばデザインの知識は入りません。

簡単に直感的にデザインを作ることができます。

【無料?有料?】生産性が劇的アップするCanva Pro 有料版の優秀な機能13選CanvaはWebデザインの知識がなくても簡単におしゃれでクオリティの高いwebデザインを作ることができます。 無料で使うことも出来ま...

ソフトのインストールが不要でマルチデバイスでデザイン可能

Canvaはブラウザ上でデザインを作ることができるので、インストールの必要はありません。

さらに、PCだけでなくタブレット・スマホでも利用できます。

PCで作ったものを移動中にスマホで開いて続きを作ったり、タブレットで見たりするもできます。

豊富でオシャレなデザインテンプレート

0からデザインを作っていくのはとても大変です。

しかし、Canvaにはデザインテンプレートがたくさんあります。

テンプレートから、好きなものをチョイスして編集をしていくことで簡単にクオリティの高いデザインを作ることができます。

 Canvaの始め方の手順はこちらの動画をチェック!

Canvaでできること

それでは、Canvaでできることをご紹介していきます。

1.SNSデザイン作成

InstagramやTwitterで、デザインを入れて作成する人が増えています。

▼Instagramであればこんな感じの文字を入れた投稿

▼Twitterであればこんな感じ

こういったデザインをCanvaで簡単に作ることができます。

作り方は、

左上メニューの「テンプレート」または検索窓から検索

オシャレなデザインが揃っているので、好きなデザインを選択

「このテンプレートをカスタマイズ」

これでテンプレートを選んで編集をスタートすることができます。

SNSのクリエイティブ作成はCanvaのテンプレートを使って簡単に作成をしていきましょう。

こちらの動画では、Instagramリールの作り方でCanvaを使っています!

https://youtu.be/yNSom6hMOAo

2.背景透過

CanvaProの有料機能ですが、かなり性能が高いです。

写真を配置

写真を選択して「画像を編集」

「背景リムーバ」

「適用」

CanvaのAIが自動で人物を認識して背景を透過してくれて、しっかり髪の毛のところもくり抜かれています。

背景を入れれば、簡単に合成ができます。

有料の機能ですが、とても優秀で使える機能なのでぜひ使ってみてください。

CanvaProは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。 (Canvaに登録済みでもOK)

3.文字エフェクト

文字に装飾をつけることができます。

文字を選択

「エフェクト」を選択

いろいろな種類のエフェクトをつけることができます。

文字エフェクトの詳しいやり方はこちらの動画をチェック!

4.写真や素材が使える

左側メニュー「素材」

検索窓から欲しい素材のキーワードを入れて検索

写真やグラフィック素材などから選ぶことができます

例えばブログ記事の途中で写真を入れたいときは、Canvaでサイズを指定して写真を選ぶだけになるので、写真のダウンロードサイトに行ってダウンロードする手間が省けます。

無料で使えるものも多いですが、王冠マークがついているものはCanvaProのみ使える素材です。

CanvaProは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。 (Canvaに登録済みでもOK)

5.画像加工

左メニュー「アップロード」

メディアをアップロード

写真を選択

「画像を編集」

調整から、写真の加工ができます。

細かく編集するときは隣の「すべて表示」から編集します。

6.プレゼン資料の作成

Canvaはデザイン作成だけではなく、資料作成もできます。

トップページ「プレゼンテーション」、もしくは検索窓から検索

テンプレートを選択

あとは、文字やカラーの変更をして作成していきます。

ページを追加するときは「ページを追加」

あらかじめページ数を増やしておきたいときは、

左メニュー「テンプレート」

「16ページすべてに適用する」

プレゼンをするときは、右上「プレゼンテーション」

オンラインミーティングなどで、資料を見せながら話すことができます。

Canvaのプレゼン資料の詳しい作り方はこちらの動画をチェック!

7.Googleスプレッドシートとの連携

Googleスプレッドシートは、エクセルの機能をオンラインで使えるのがツールのことです。

左メニュー「グラフ」

赤枠からそのまま編集も可能です。

Googleスプレッドシートと連携するときは、

「Googleスプレッドシート」を選択

Googleアカウントを選択

グラフがGoogleスプレッドシートと連携される

Googleスプレッドシートを更新すると、Canva上のグラフも更新されるようになります。

基礎からCanvaを知りたい方から収益化させたい方まで受講できる、日本初Canva公式アンバサダーが教える・ゼロから始めるCanva Webデザイン講座もご用意しております!

8.表

簡単に表を出すときはキーボードの「/」をクリック

スラッシュマジックといって、ショートカット機能です!

「表」を選択

マス目を決める

任意の大きさに変更して配置

詳しい表の作り方や活用方法はこちらの動画をチェック!

9.パワーポイントとの連携

Canvaで作るプレゼン資料をパワーポイントとして書き出すことができます。

資料できたら画面右上「共有」

「もっと見る」

「Microsoft PowerPoint」を選択

「ダウンロード」

PPTXの拡張子でダウンロードすることができます!

パワポで細かく編集したいけどCanvaのオシャレなデザインを使いたいときは、Canvaのテンプレートで編集してからパワポで編集というやり方もできます!

先ほどご紹介したスラッシュマジック機能についてはこちらの動画で詳しく!

10.名刺・チラシなども印刷形デザイン

CanvaはWebの制作物だけではなくて、名刺・パンフレット・チラシなど、印刷系のデザインも作ることができます。

トップページ「印刷製品」から選ぶ

例えばチラシを作る際は、テンプレートを選んで写真や文字を入れ替えて作成していきます。

作ったデザインは、Canvaの中で印刷することができます。

画面右上「チラシを印刷する」

サイズを指定

印刷オプションを選択

Canvaで作るオシャレなフライヤーチュートリアルはこちらの動画をチェック!

11.トートバッグ作成

トップページ検索窓から検索

テンプレートを選択

カラーなどを変えて、好きなデザインに仕上げていきましょう。

デザインは、表と裏で切り替えることができます。

画面右上「トートバッグを印刷する」

12.シール作成

検索窓から「ステッカー」で検索

テンプレートを選択

編集

画面右上「ステッカーを印刷する」

CanvaProは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。 (Canvaに登録済みでもOK)

13.動画編集

トップページ「動画」

動画を種類を選択

テンプレートから右下に再生マークがついたものを選択

トランジションを追加するときは、画像と画像の間の「+」を選択

任意のトランジションを選択

いらない部分は、右クリック「ページを分割する」

いらない部分を削除

Canvaの動画編集について学びたい方はこちらの動画をチェック!

14.音楽の追加

左メニュー「素材」

オーディオ

任意の音楽を追加

音楽を選択した右クリック「オーディオエフェクト」

フェードイン・フェードアウトを設定することができます

動画編集で使える機能です!

基礎からCanvaを知りたい方から収益化させたい方まで受講できる、日本初Canva公式アンバサダーが教える・ゼロから始めるCanva Webデザイン講座もご用意しております!

15LINE公式系デザイン作成

CanvaでLINEの素材を作る人は増えています。

トップページ検索窓「LINE」で検索

サジェストから作りたいものを選択

テンプレートを選択

編集開始

リッチメニューやリッチメッセージなど、使えるテンプレートがたくさん揃っています!
Canvaを使ったLINEリッチメニューの作成方法がこちらの動画をチェック!

16.HP作成

トップページメニュー「テンプレート」

「ホームページ」を選択

テンプレートを選択

編集

CanvaのHP作成はレスポンシブ対応です!

17.ロゴデザイン作成

トップーページ「ロゴ」

テンプレート選択

編集開始

Canvaの商用利用について気になる方はこちファの動画をチェック!

18.サムネイル作成

例えばYouTubeのサムネイルを作りたいときは、

トップページ検索窓で「YouTube」で検索

サジェストから「youtubeサムネイル」を選択

編集開始

「mikimiki webスクール」のYouTubeサムネイルもCanvaで作成しています!
クリック率がアップするサムネイルの作り方はこちらの動画をチェック!

 

19.招待状作成

トップページ検索窓から「招待状」で検索

テンプレート選択

編集

結婚式やイベントを控えている方におすすめです!

CanvaProは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。 (Canvaに登録済みでもOK)

20ムードボード作成

ムードボードとは、自分の頭の中にあるイメージをデザインにしていくことです。

好きなものを集めてブランディングに役立てることができます。

トップページ検索窓から「ムードボード」で検索

テンプレート選択

編集

こちらの動画をみて、あなただけのムードボードを作ってみてください♪

21.履歴書作成

トップページ検索窓から「履歴書」で検索

テンプレート選択

編集

日本向けのテンプレートも用意があります!

22.請求書作成

トップページ検索窓から「請求書」で検索

テンプレート選択

編集

基礎からCanvaを知りたい方から収益化させたい方まで受講できる、日本初Canva公式アンバサダーが教える・ゼロから始めるCanva Webデザイン講座もご用意しております!

23.カレンダー作成

トップページ検索窓から「カレンダー」で検索

テンプレート選択

編集

教育関連やサロン系のお仕事でCanvaを使っている人は、使えるテンプレートがたくさん揃っているので、業務に役立てることができます!

24マジックリサイズ

CanvaProの有料機能です。

デザインが完成したら画面左上「CanvaPro」選択

「サイズを変更」

サイズを決める

「コピーとサイズの変更」をクリック

ここから微調整をしていきます。

同じデザインを別のサイズでも作りたいときは便利な機能です。

CanvaProは、通常30日間無料でトライアルすることが出来ますがこちらのリンクから登録すると45日間無料でお試しが可能です。 (Canvaに登録済みでもOK)

25.ブランドキッド

こちらのCanvaProの機能ですが、ブランディングをしたい方におすすめの機能です。

トップページ「ブランドキッド」を選択

ここでは

  • ロゴ
  • ブランドカラー
  • ブランドフォント

を登録することができます。

ブランディングをしたい人や色を統一したい人はこの機能がおすすめです。

まとめ

Canvaでできること25個をご紹介しました。

Webデザインだけでなく、とにかく作れるものが多いCanva。

ぜひ、活用していろいろなものを作ってみてください!

CanvaProをお試ししたい方はこちら!→CanvaPro45日間トライアル

Canvaについてしっかり学びたい方は講座をチェック!→ゼロから始めるCanva Webデザイン講座